あひるカフェ

 漫画を描く時、いろいろ好きな要素がありますが、その中に「言葉をあつかう」というものもあります。
 漫画を本気で描くようになる前から言葉は大好きでした。
 きっかけは、小学生の時の国語の時間に、同じ言葉でも平仮名で書く時と、片仮名で書く時とで印象が違ってくるというような事を習った事でした。
 それを知ってから文章を読んでみると、確かに、本当に、視覚からくる印象が混ざると、言葉というのはもっともっと表現力が豊かになるんだなぁと実感したのでした。
 それから、本を読む時に、とても注意深く文字を追うようになりました。
 そして、どんどん言葉が好きになりました。
 本気で漫画を描きはじめると、セリフなどで言葉を使う時に悩むことも多くなり、またさらに言葉が好きになっていきます。楽しい事です。
 かといって、小説を書こうとは思いません。小説を書くためにプロットなど練ったらきっと、それを漫画にしたくなるに違いありません。所詮、私は漫画描きです。
 なので、ちょっと、自分の思った事をブログにつづっていくのに、多少、注意深く整えた文章をかいてみようと思いました。
 それがこの「あひるカフェ」です。
 思った事をつらつらと綴るだけの記事ではありますが、楽しんでいただければうれしいなと思います。